キャッシングとカードローンを上手に使い分けよう

カードローン 口コミ

キャッシングといえば、借り入れした金額を返済日に一括で返すもの、カードローンといえばリボルビングで返済していくもの、と定義されています。

しかしクレジットカードのキャッシングの返済方法ではリボルビング払いを採用しているものもありますし、金融会社のキャッシングでもリボルビング返済方式となっているものもたくさんあります。しかし金利などをしっかり比較することによって、借り入れの目的に合わせて賢くキャッシングやカードローンを使い分けることはできるでしょう。

リボルビング返済方式では、返済金額は一定となっており、その金額では元金と利息を払っていることになります。返済金額が一定であることから借り入れた側としては月々の負担が少なく、予定を立てやすいというメリットがある反面、返済期間が長期に渡ってしまうことになります。一括返済のキャッシングでは、すぐに返すことができますが一度に支払う金額は大きくなってしまいます。

一定期間であれば無利息のキャッシングなどもありますから、借り入れ金額と返済のめどを合わせてどちらを利用すればよいのかを検討してみましょう。たとえば、給料日直前ですぐに全額返済できるぐらいの金額を借り入れするのであれば、キャッシングのほうが利用しやすいといえるでしょう。一方、月々に決まったお金を少しずつ返す方法でないと返済が難しい、という場合であればカードローンの方が適しているということになります。